子どもたちが笑って暮らせる健康住宅。澄み家について。

TOP > 澄み家

澄み家(すみか)とは

凛とした爽やかな森の空気を、胸いっぱいに吸い込むとき。
私たちのからだは解放され、心が喜びます。

それは私たち人間も自然の一部だという証。
アイユーホームが手がける「澄み家」は、家自らが新鮮な澄んだ空気を作り出す家。
それは、使っている素材が自然のままだから。

例えば「漆喰」。私たちが住宅建築に使用する漆喰は、
「幻の漆喰 PURE CARE WALL」と呼ばれる、鉱物を原料とした天然素材を使用しています。

そして、住宅の大部分を占める木材には、
防菌・防カビ・結露防止に加え、人間の免疫力を高める100%南九州産杉を使用。
自然素材だから、家の中がまるで森の中にいるような空気に満ちている。

「澄み家」は、おとなも子どもも笑って暮らせる健康住宅なのです。

長年大工をやってきて、「本当に快適に過ごせる家とは何か」を考えた末にたどり着いたのが、この「澄み家」でした。
家というと表面的な部分を重視してしまいがちですが、重要なのはその素材と性能です。「澄み家」は、国産の天然素材のみを使った 安心・安全な健康住宅です。家が澄んだ空気を自らつくり出し、住み続けるほどに味わいが増していく。この快適な空間でご家族が笑って過ごして頂ければ幸いです。

漆喰天然の空気清浄機 「幻の漆喰」

住宅の壁材に使われる「漆喰」。澄み家には、「幻の漆喰 PURE CARE WALL」と呼ばれる、鉱物を原料とした天然素材を使用しています。これはいわば「天然の空気清浄機」。光熱触媒効果で、光が当たる場所だけでなく、暗がりでも温度と反応を起こし、空気中のゴミやホコリ、臭い、化学物質や有害物質を吸着・分解します。幻の漆喰は、半永久的にクリーンな空気をつくり、心地よい居住空間を保ってくれるのです。

木材生きた木材 「音響熟成木材」

住宅の構造を支える建材には過酷な気候風土で鍛え抜かれた南九州産の杉材を使用しています。そして、特筆すべきはその熟成方法。「音響熟成」と呼ばれる方法で、自然の中でクラシック音楽を聴き、ゆっくりと熟成させた木材は、木材の持つ油分やエキスがそのまま残り、時間とともにツヤが出てくるという、まさに「生きた素材」。生きた木材の中で暮らす生活は、まるで森の中に暮らしているような心地よさを与えてくれます。

遮熱断熱から、遮熱へ。 「リフレクティックス」

宇宙産業から生まれたリフレクティックスは、太陽の輻射熱を99%はね返すことができる優れた遮熱材です。わずか8mmの厚みで、50mmの断熱材と同等の効果を持ち、冬は家の中の暖かさを閉じ込め、夏は外からの熱を遮ります。
リフレクティックスは省エネ効果も高く、湿気も通さないため結露の心配もありません。安心して、快適に暮らせる遮熱材。それがリフレクティックスなのです。